« コスモス | トップページ | ミセバヤ »

2008.10.24

秋色

ここのところ暖かい日が続いていて、9月ごろに戻ったような陽気です。
それでも小さな森では、色づいた木の実が目に付くようになりました。


ムラサキシキブ

081022murasaki


ゴンズイ

081022gonzui


ヘクソカズラ?

081022mi


保護された中でコウヤボウキが咲いていました

081022koya1


午後の日差しが差し込んで

081022mori

|

« コスモス | トップページ | ミセバヤ »

コメント

★ゆうさんへ
コウヤボウキは急いで撮ったので・・・(^_-)-☆
ゴンズイはもっときれいな実をアップでたくさん撮ったのですが、pcで見ると赤がチリチリと変な風になるので、これにしました。
真っ赤なものは実でも花でも難しいですね。

文化祭、残念でしたね。
しばらく、ゆっくり出来るといいけど(^^♪

投稿: mio | 2008.10.26 21時15分

★nonnonさんへ
森のムラサキシキブはちょっと薄暗いので、逆にすごく明るく写って背景もこんな感じになるんですよ。
ヘクソカズラはたまたまぶら下がっていたので、背景に何もなくてラッキーでした。
大体は絡まっているのが多いんですよね。
コウヤボウキはどこかその辺の森にあると良いですね。
そんなに小さくないですよ(^^♪

投稿: mio | 2008.10.26 21時11分

こんばんは。コウヤボウキ、思い通りに撮れたみたいね。(^_-)-☆とてもきれいです。ゴンズイもいいね。
火曜日に行ったのね(^^♪

私は文化祭の準備が終わった夜から又、例の
病気で2日半間寝てしまい当番が出来ずに他の活動も
見られず終わりました。午後から起きています。

晴れるといいね。

投稿: ゆう | 2008.10.26 19時17分

なんて綺麗なの~(^^♪
バックのグリーンもとってもいい色!
ボケ具合も絶妙。
へクソカズラ、私も少し前に撮ったけど、
やっぱり背景がうるさくて気に入りません。
コウヤボウキも出会いたい花ですが
まだ一度も見たこともありません。。。
小さい花なんでしょ?
近い所で見られたらいいのになあ。
mioさん、綺麗な花に出会えて良かったね~。
色もとっても綺麗に出てます。

投稿: nonnon | 2008.10.25 13時59分

★woodsさんへ
これヘクソカズラで良かったんですね。
普通のより実が大きく見えたのでちょっと自信がなかったのですが。
これは大きな木にぶら下がっていたので撮りやすかったです(*^_^*)
トキリソウ残念でしたね、来年はぜひ(^^♪

投稿: mio | 2008.10.25 07時37分

★やんやんさんへ
ムラサキシキブの実、きれいな色でしょう?
最初は地味な緑色なんですけど、だんだん紫に変わっていくんですよ。
コウヤボウキのクルクル、紙で作ったオモチャみたいだなって思うんですけど。。。
今年初めてちゃんと撮れました(*^_^*)

投稿: mio | 2008.10.24 21時58分

秋は花や紅葉だけでなく木の実,草の実も面白い被写体になりますね。
ヘクソカズラも面白いので毎年狙っていますが、他の物に絡まっていて背景を暈すことが出来ないため中々見られる写真になりません。
先日知人がトキリソウを呉れたのですが写真を撮る前に枯れてしまいました。
残念。

投稿: woods | 2008.10.24 21時54分

ムラサキシキブの紫の色のキレイなこと!
後ろの緑のボケに映えますね~
実が熟すとこんなふうになるのですね。
コウヤボウキのこの白いくるくるが可愛いですね~
まだ実際に見たことがないんですよ。
ここで拝見できて嬉しいです♪

投稿: やんやん | 2008.10.24 18時04分

★のこさんへ
ここは特にムラサキシキブが多いんですよ。
ビッシリ付いていたりスカスカだったり。
どっちかと言ったらスカスカの方が好きですけどね(^^♪
やっとコウヤボウキの写真が撮れました(*^_^*)

投稿: mio | 2008.10.24 16時03分

おはよう!
ムラサキシキブ可愛い色合いですね。
秋はいろいろな実が色づいて花と違った良さが
あっていいですね。
コウヤボウキに会えて良かったですね。
カールが何とも可愛いよね。

投稿: のこ | 2008.10.24 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77296/42888393

この記事へのトラックバック一覧です: 秋色:

« コスモス | トップページ | ミセバヤ »