« ヒメコウゾの花 | トップページ | アカヤシオ »

2008.05.09

萌黄色

この色に染まった山々がが見たくて、毎年毎年どうしても足が向いてしまう奥会津方面です。
たまには違う場所でもと思いながらやっぱり変えられない・・・。
いつも同じだけれど芽吹き具合も花の咲き具合も微妙に違います。


山桜が所々に

080508tateiwa


田んぼの隣では小さな流れ沿って水芭蕉が咲いていました

080507ina2


芽吹いたばかりのカラマツ

080507karamatu


山里の集落

080506mura


棚田・・休耕田になってしまったようです

080506tanada

|

« ヒメコウゾの花 | トップページ | アカヤシオ »

コメント

★ゆたかさん
奥会津とは、正確には福島県西南部を流れる伊南川流域、只見川流域の7町村(柳津町・三島町・金山町・昭和村・只見町・南会津町・檜枝岐村)の地域を言うそうです。
もちろん田島(今は合併して南会津町)も入ります。
私いつも行くのは只見町や桧枝岐なんですけど、今年は柳津や昭和村も通ってきました。
手付かずの自然がいっぱい残っているんですよ~(*^_^*)

投稿: mio | 2008.05.12 15時59分

奥会津って田島とかあるほうかなぁ。駒止高原とか?
そこには行ったことあるんですよ。
カラマツ懐かしいですね。水芭蕉も。こちらではまだ見てないような・・・。水芭蕉は探せばあるのかもしれませんけど。

投稿: ゆたか | 2008.05.12 12時33分

★やんやんさん
「山が笑う」ってぴったりですね~
それを見て私もニコニコになるんですねきっと(*^_^*)
会津というと皆さんは会津若松あたりを思いつくようなんですけど、ここはそれよりもずっと西や南の奥まった方で観光化されていなくて良いところなんですよ。

投稿: mio | 2008.05.11 15時37分

★ゆうさん
東北は今頃が一番かもしれませんね。
山形にも行きたいな~
水芭蕉桧枝岐に行く途中で咲いているところが2ヶ所くらあるんですよ。
特に手入れをしている訳でもないので花もやせているし、枯れ草もいっぱい。
でも作られたところよりやっぱり良いですね。

動ける最後って、まだ2.3年は大丈夫でしょう?(*^_^*)

投稿: mio | 2008.05.11 13時27分

わぁ。山が笑ってますね~
こんな景色大好きなんです。
それぞれに違った緑の色の中にある山桜。
いつまでも見ていたくなります。
田んぼの隣の小川の水芭蕉の景色やカラマツの新緑のライン。
ステキですね~
奥会津っていいところなんですね。

投稿: やんやん | 2008.05.10 23時47分

今頃の北の山並みはいいですね。本当に
萌黄色。その中に点在する山桜や黄色は名に?
5月に旅した山形の山もきれいでした。

檜枝岐の方?ミズバショウがいいですね。
私も車であっちこっち行きたいな。

動ける最後と思って日帰りの沼山峠越え
尾瀬沼に行こうかな~~(^^♪

小さな花に会えましたか?日光の花楽しみに
していますよ!

投稿: ゆう | 2008.05.10 21時16分

★のこさん
木の芽も人間も出たばっかりの頃が一番ですね(*^_^*)
何か特別のものがあるわけでもないんですけど、ただぶらぶらと歩いているだけで幸せな気分になります(^^♪

投稿: mio | 2008.05.10 17時25分

★nonnonさん
いつも同じ場所で、私って頑固なのかな~?なんて思うんですけどね。
やっぱり行ってしまうんですよね(^^♪
カラマツのちょっと濃い目の緑も綺麗で大好きなんです。
何気なくこんな林があるんですよ。

投稿: mio | 2008.05.10 17時23分

おはよう!
どの風景も春の新緑が見られて素晴らしい。
芽吹いたカラマツと山が何ともいいですね。
こんな風景の所にいると気持ちがいいでしょうね。

投稿: のこ | 2008.05.10 11時47分

いいですね、こういう風景。
毎年見に行きたくなる気持ち、わかります^^

どれもとってもいい色が出ていていいなあ。

三枚目のカラマツ、後ろの山が入って、ちょうどいい具合の葉のつき方ね。おもしろい構図だと思いました。
今度こんな風景に出会ったらこんなふうに撮ってみたい
φ(..)メモメモ

投稿: nonnon | 2008.05.09 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77296/41148418

この記事へのトラックバック一覧です: 萌黄色:

« ヒメコウゾの花 | トップページ | アカヤシオ »