« 続・再び森を散歩 | トップページ | 萌黄色 »

2008.05.04

ヒメコウゾの花

散歩の途中で立ち寄った緑地、今まで見たことの無い花が沢山付いている木がありました。
早速ネットで調べてヒメコウゾの花だと分かりました。
初夏には赤い実がなって食べられるそうです。美味しいと書いてあるもの、苦くてまずいと書いてあるものいろいろなので、一度自分の舌で試して見なくては・・・。
因みに和紙の原料のコウゾは、このヒメコウゾとカジノキの雑種だそうです。

雄花

080503kozo


雌花

080503kozo1


これも初めての花、コマユミです。

080503komayu


何と!足元にはギンランがありました(^^♪
盗掘されなければ良いのですが・・・。

080503ginran1

|

« 続・再び森を散歩 | トップページ | 萌黄色 »

コメント

★ゆたかさん
野生の蘭は地味だけど何処か品があっていいですよね。
園芸種の洋蘭のような派手で豪華なものよりずっと好きです(*^_^*)
金ちゃん銀ちゃんですか、そういえば「きんさん、ぎんさん」という双子のおばあちゃんもいらっしゃいましたよね(*^^)v

投稿: mio | 2008.05.09 14時34分

キンラン、ギンランにであえたんですね。蘭の類は高貴な感じがしますね。

なお全然関係ないことですが、うちの金魚は金ちゃん、銀ちゃんです。すみません、よけいなことで。
さらに余計なことを。僕の英会話の先生が子供の頃飼っていた金魚(カナダにも金魚はいるそうです)の名前がゴールドとシルバーだったそうです。ごめんなさい。ほんと関係ないなぁ。

投稿: ゆたか | 2008.05.08 22時39分

★のこさん
下ばかり向いていないでたまには上も(*^_^*)
はじめて見たときは雄花が花で雌花は花後の姿だと思いました。
まだまだ知らない花があるんですね。

投稿: mio | 2008.05.05 21時15分

こんにちは!
つい下向きに歩いていると気づかないけど、上を
見れば木にもそれぞれ雌花雄花があって知らなかった
事が見えてきますね。
ギンランに会えていいな~

投稿: のこ | 2008.05.05 15時06分

★nonnonさん
じっくり目を向けるといろいろ見えてくるものなんですね。
今まで何で気づかなかったんだろうって・・・。
私もコウゾってもともと山にあったものかと思っていました。
いくつになっても毎日が発見です。
実が成るのも楽しみ、どんなお味か結果を待っていてくださいね*^_^*)

投稿: mio | 2008.05.05 09時37分

★woodsさん
思いがけない場所でギンランに会えて嬉しかったです。
いつもの森は無くなってしまった様なので、ここのだけは何とか残しておきたいです。

木の花って、自然の中では葉と一緒だとあまり目立たないですね。
今まで何度も歩いていた場所なんですけど全然気づきませんでした。

投稿: mio | 2008.05.05 09時33分

木の花にも目を向けると、今沢山花が咲いているんですよね。
なかなか気づきにくいね。

ヒメコウゾの雌花、綺麗ね。
コウゾ自体が雑種だったなんて初めて知りました。

初夏に実がなるってことは花が散るとすぐ?
お味見の感想を楽しみにしてます^^

ギンランは沢山咲いてました?
荒らされずに残って欲しいね。

投稿: nonnon | 2008.05.04 22時32分

ギンランも開いたのですね。
この前行った時ツボミだったので、早速開花状況を見に行かなくては。

木の花ってあまり目立たず素朴で質素なのが多いでようすね。
蝶に注目されて花粉を運んでもらわなくても、風に飛ばれるだけで充分なのかな。

投稿: woods | 2008.05.04 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77296/41090344

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメコウゾの花:

« 続・再び森を散歩 | トップページ | 萌黄色 »